「神様」の心得

神待ちは、出会いの中でも非常に女の子と遭遇する確率が高く使いやすい、というコンテンツとして出会い系の中では非常に有名になっている物ですね。
しかし、神待ちはそのやり取りの中で女性を家に泊めてあげる代わりにセックスをする、というような暗黙の了解のような図式が出来上がっているのです。
しかし、この思い込みというのは特に危険なことでトラブルの元なので神様、つまり神待ち女性と出会う男性がトラブルに遭遇しないようにするには心得という物を持っておかなくてはいけません。
神様の心得
神待ちを利用する男性、つまりは泊めてあげる側の神様ですが神様だからと言って何でもしていいというわけではありません。
泊めてやってるんだから自分の言うことはなんでも聞いて当たり前、こんなことをしていてはだんだんと評判も悪くなってしまいますし、最悪の場合民事裁判や刑事裁判沙汰になってしまうような大きなトラブルになってしまうこともあり得るのです。
神様、というのはあくまでも呼び名であり泊めてあげる女の子はあくまで善意で接してあげるということを忘れないようにしましょう。
おもてなしの気持ちを持とう
神待ちでリピーターを持ち、次もこの人の家に泊まりたいと思わせる男性の条件の中に、やさしいということが上がります。
やさしいだけの男性なんてモテないんじゃないか、と思う人もいるかもしれませんがこと神待ちに関しては一切そんなことはありません。
寧ろ、絶対にやさしい人の方がモテるということを断言しましょう。
というのも、神待ち少女というのは基本的に心のどこかしらに寂しさを抱えている物なのです。
そういう弱った心に一番効くのは何よりやさしさなのです。
おいしいご飯でのおもてなし、ちょっとしたマッサージやハグ、キスなどでまずはその女の子が癒される、そんなおもてなしをしてあげるような男性のところに神待ち少女はまた期待、と思う物なのです。
セックスも決して強引にせず、やって当たり前と思わずにあくまでも女の子と一緒に楽しむ、という気持ちを持ってやることで女性の方も自分から積極的に楽しんでくれる物なのですね。
良い神様、というのは泊めてあげてるんだからという風に横柄な態度で偉ぶるのではなく、あくまで泊めてあげる女の子に対してやさしく招待する、というような心持ちで出迎えてあげる男性なのです。
神待ち少女のリピーターは長く続きますので、関係を継続したいなら実践するといいでしょう。

「神待ちサイト」は存在しない?

出会いの中でも、比較的若くてレベルの高い子とほぼ確実に出会うことができるというコンテンツの神待ち、という物がありますね。
一時は、ニュースなどに取り上げられるくらいに有名になり一種の社会問題のように取り上げられることにもなった神待ちではありますが実は結構これにも利用のコツという物があったりするのです。
神待ちは専用サイトがない
神待ちもまた、出会い系の一種ではあるのですが一つ明確な違いとして神待ちサイト、という物は存在しないのです。
というのも、神待ちというのはいわば家出少女を狙った出会い系のような物でもありますから、規制されることも多いんですよね。
しかし、神待ちサイトがないからと言って決して神待ちは実際に利用することができない物であるわけではないのです。
というのも、実はこの神待ちというのは出会い系サイトなどで神募集というような形で、募集相手を個人で呼びかけている、ということが多いからなのです。
それ以外にも、掲示板などで神待ちという形でアドレスを載せて募集しているような形もあって、明確にこのサイトが神待ちとしてのサイトの形式をもっている、というようなことはないということです。
神待ち掲示板や神待ちサイト、という風に明確に銘打って居る所はありませんので、インターネットの検索で神待ちで検索してもあまり出てこないことが多いんですね。
もしくは、普通に出会い系サイトではあるのですがそこで神募集というような募集をかけている人がいたりすることが多いような出会い系サイトを神待ちサイト、と通称で呼んだりすることもあるのです。
実際、神待ちサイトという形をとってはいなくても出会い系サイトの中自体が、ほとんどが神募集というような、実質神待ちサイトになっている、というようなところは少なくありません。
そう言った場所をうまく見つけて利用することで、神待ちサイトのような形で実際に動いているサイトに遭遇することもできるかと思います。
実際、出会い系サイトのどこでも神待ち、神募集という形で検索をかければ複数の利用者が引っ掛かることかと思います。
神待ち掲示板なんかになって来ると、こういう物は出会い系サイトのような形で、経営業者が運営している掲示板、という物ではやはりなかなか見つかりませんね。
しかし、フリーの掲示板などを利用した個人が開くことのできる掲示板なんかになって来ると、神待ちを募集する人のために、と掲示板自体がオープン利用することができるようにしたものはありますね。
こちらは、管理人などが特に居ない上に誰かが運営しているわけではなく個人が勝手に利用しているだけ、というような物が多いので、中には未成年者が居る時もあるので使うときは要注意です。
基本的に、神待ちを利用したい人であれば神待ち専用のサイトなどを使用するのではなく、出会い系サイトなどを利用することでそこで神募集をしているような女性を見つける、というような形を取るのが一番いいですね。
神待ちを募集しているような女性がよく集まるのは、圧倒的に無料の出会い系サイトが多いのです。
というのも、神待ちというのはほかの出会いと違ってその日のうちに相手が見つからないと困るわけですね。
出会い系は、有料の物だとどうしても男性の利用者がそれほど多くなく、神待ち以外の出会いを真剣に利用したい、という人や継続してセフレを募集したい、という人が多いんです。
それよりは、無料の出会い系サイトを利用してとにかく安く、あまりお金をかけずに出会いを求めたい、という人の集まりの方が需要が大きいのです。
だから、神待ち募集をしている女性を見つけたいのならば無料の出会い系サイトを利用するといいでしょう。