メインイメージ

1万円の元手でFXを検討している初心者の方にドルをお薦めする理由


米ドルという通貨は、FXを始めるにおいては最適なものの1つだと思います。
先日も次のような質問をなさった方がいらっしゃいます。その方は、FXを始めたばかりだそうです。そして、1万円の元手でFXを検討しているのだそうです。
しかしどの通貨を用いて取引をすれば良いのかがよく分からないのだそうです。さて皆様でしたらどの通貨をお勧めしますでしょうか。
私でしたら、やはり米ドルをお勧めするだろうと思います。米ドルを勧める理由は色々とあります。
まず1つ目は、ほとんどの会社では米ドルを取り扱っているからです。いわゆるマイナー通貨に比べると、米ドルはそれを取り扱っている会社を選別するのに苦労をしないと思います。
マイナー通貨の中でも韓国のウォンというもののは、取り扱っている会社を選別するのにかなり苦労するだろうと思います。いわゆるくりっく365と呼ばれるサービスを用いて取引をする事になるだろうと思いますが。ウォンを取り扱っている会社を選ぶのは、大変なものです。
しかし米ドルの場合、それを取り扱っていない会社を見つける事の方が難しいだろうと思います。会社選びに特に苦労しないという点で、まず米ドルをお勧めいたします。
2つ目の理由ですが、やはり情報を集めやすいという点ではないでしょうか。米ドルは、マイナー通貨などに比べると、情報はかなり集めやすいものです。
逆にマイナー通貨の場合は、情報を集めるのに相当苦労します。そもそもチャートを見つける時点でかなり苦労をします。まして韓国のウォンは、チャートを見つけるのはかなり大変だと思いますが。

FXをする理由は資産を増やす目的がある


FXの口座開設をする理由は、一体何によるものなのでしょうか。やはり最も多いのは、資産を増やしたいというものと思います。
この資産を増やすというのは、色々な観点があるものです。それを短期間において増やしたいのでしょうか。それともある程度すでに資産があるので、いわゆる投資の目的で資産を増やしたいのでしょうか。色々と期間などがあります。
では果たして短期間において増やしたいというのは、どのようなものでしょうか。私はそれはある意味、投機と関係しているだろうと思います。たとえば次のようなものです。
口座開設をする目的が、なるべく早くお金を手に入れたいというものです。つまり急な出費などが発生してしまい、目先でちょっとした出費が控えている場合です。ちょっと手元の資金が不足しており、困っている状態なのです。
そして、大体10万円ぐらいの資金が急いで必要になっている場合などです。この「目先」というのは色々あるだろうと思います。大体2週間以内に調達をしなければならないというケースなどもあるでしょうし、1ヶ月以内にという場合などもありますでしょうか。ケースは様々考えられます。
この短期間の内にある程度まとまった資金を確保するために、FXの口座開設をしたいというニーズなどはあるのでしょうか。
ありえると思います。大体1週間以内にどうしても10万円を手にする必要があるというケースなどは大いにありえます。そしてそのための手段として、FXを用いるという考え方などもあるだろうと思います。
口座開設をするための「理由」の1つは、この短期間の内に資金を調達したいというものもあるだろうと私は思います。

低コストで取引できるおすすめFX口座

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券ですが、何と言っても「最低水準の手数料」が大きいでしょう。
証券会社の利用に当たって、岡三オンライン証券のような99円からの手数料は嬉しいものです。
ただ、手数料については「高い頻度で利用する場合のみ」判断をするようにしましょう。
手数料が高くても、都合の良いプランを用意している証券会社、もしくはプランそのものが多いのでどれかは都合が良いプラン・・・となっている証券会社は多いです。

また、岡三オンライン証券の場合ですが「現物取引、信用取引」のどちらであっても99円からとなっています。
業界最低水準なので、手数料だけで考えると岡三オンライン証券以上は中々ありません。
それと、独自のサービスが多いので、これから証券会社を学ぼうと考えている方であっても、岡三オンライン証券が向いていると言えます。
WEBツールなども用意していますので、ツールなどにも不便はありませんでした。
利用者数の多い証券会社と言うのも頷けますね。

セントラル短資FX

セントラル短資FXと言うと、「FX業者の中でNo.1」とされている信用度があります。
また、これは個人が勝手に行ったものではなく、格付けを専門として行っている機関が「BBB+」と言う格付けを行っているものなので、セントラル短資FXについては信用度が高いと言う評判が多いのです。
また、セントラル短資FXですが短資会社なのですが、これは「日本に3つしか無い」ので非常に貴重な業者でもあったりしますね。

そして、出資についてはセントラル短資FXは「セントラル短資の出資」をうけているので、その資本についても大いに信用ができるFX業者なのです。
これだけ信頼性がバッチリな業者も珍しいので、それだけでセントラル短資FXを選んでみるのも良いかと思います。
また、格付けにおいては日本格付研究所(JCR)から長期格付けがされていますので、これから先についてもセントラル短資FXは信用度が高いです。
この格付けについては、セントラル短資FXと上田ハーローの2社だけとなっています。

上田ハーローFX

上田ハーローFXと言うと、”ストップ狩り対策”がされている「インターバンク直結レート」が有名です。
このレートについてですが、上田ハーローFXではディーラーを介さないで済むようになっているので、「顧客はインターバンクのレートを直接提示」となっているのが特徴でしょう。

実際に、今では上田ハーローFX以外でもインターバンク直結レートについては採用をされているところが増えています。
やはり、FX業者のレート操作については不可能とされておいた方が良いですよね。
このような状態を作るためにも、上田ハーローFXなどではレートの採用に踏み切っているのです。
ネットなどで業者などのトラブルを見るとわかりますが、「レート操作」と言うのは非常に多いです。
最初は業績も信用のおける業者だった・・・。

しかし、実際に長く使っているといきなりレート操作に遭遇して使う気がなくなった・・・と言うのは多いもので、やはり上田ハーローFXのように「ストップ狩り対策をしているFX業者」こそ、長く使うに値するFXでしょう。

Copyright© 2013 1万から始めるFX初心者へのススメ All Rights Reserved.